izalcoelchelerestaurant.com

年金の種類には、国民年金・厚生年金の公的年金と、企業年金・個人年金保険などの私的年金があります。

年金には公的年金と私的年金がある

izalcoelchelerestaurant.com 年金と一口にいっても、大別すると公的年金と私的年金があります。公的年金は、国民年金と厚生年金に分かれており、国民年金は全国民共通の仕組みで、厚生年金は会社員や公務員の人だけが対象となる国の年金制度です。一方、私的年金は大きく分けると企業が従業員の老後などに支給する企業年金と、個人個人が任意で保険会社と契約をする個人年金保険に大別されます。

公的と呼ばれる年金の大きな特徴は、対象となる国民の加入が義務付けられていることです。どんな義務があるかというと保険料を負担する義務があるということです。しかし、所得が少ない人などが老後のためにと保険料を負担をしたら今暮らせないということがあると本末転倒なので、所得などによる保険料の免除制度も用意されています。その他の特徴としては、年金支給時に国の補助、言い換えれば保険料だけでなく国の税金の投入があるということです。これらによって制度が安定的に維持されるのです。

一方私的年金の場合には、会社がその制度を導入していなければもらえませんし、保険会社との契約もするしないは自由です。自分で自分のもしもに備えるイメージになりますので、公的ではなく私的年金と呼ばれるのです。
Copyright (C)2014izalcoelchelerestaurant.com.All rights reserved.